インテリアコーディネートをプロに依頼してマンネリな雰囲気から脱出

インテリアは3色でコーディネイト

椅子

新しいお家や気分を変えたい時にインテリアを一掃すると良いでしょう。たまにはインテリアコーディネイターに依頼してステキな住空間を手に入れるのもおススメです。インテリアコーディネートを楽しみましょう。依頼する場合もまずは、お部屋の基本となるテーマカラーを3色を選びましょう。
はじめにベーシックな基本となる1色はお部屋に大きく使っても飽きのこないものを選びます。白やベージュやグレーなどです。カーテンやラグやソファやベッドに使いましょう。次に家具などに使える2色目を選びます。家具やテーブルなどに使いましょう。こちらもベーシックな色から選びましょう。
最後にアクセントになる小物などに使う3色目を選びます。クッションや花瓶や装飾品に使いましょう。思い切って赤や黄や青、シルバーやゴールドもおススメです。
はじめにテーマカラーを持つとお部屋のインテリアコーディネートがとても簡単になりますし、家具や小物を購入する際に迷わなくなります。それでも迷った時はインテリアコーディネイターへ依頼をするとまるでホテルのような居心地の良いステキな空間をインテリアコーディネートしてくれるでしょう。是非一度試してみましょう。

クリニックに求められるインテリア

クリニックに求められるインテリアコーディネートはどのようなものでしょうか。クリニックと言えば、まず思い浮かぶのは「清潔感」というワードではないでしょうか。病気を治すために治療を受ける場所ですので、清潔であるかどうかはとても重要です。では、清潔感を出すためにはどのようなインテリアコーディネートが理想的なのでしょうか。
まずはシンプルであることが大切です。ものが溢れてごちゃごちゃしている空間は、清潔とは程遠いイメージになってしまいます。そして、インテリアコーディネートのメインに使うカラーは、原色の強い色よりも、パステルカラーのような優しい色がおすすめです。白やパステルブルーは清潔感を表現するのには最適のカラーです。
また、青い色は心を落ち着かせてくれる効果もあるので、治療に緊張している患者さんにも効果的でしょう。必要な機材が多く、動線も複雑なクリニックのインテリアコーディネートをシンプルにすることは簡単なことではありません。無駄がなく効率がよく、しかしながら無機質すぎずに清潔感を出すためにはプロに依頼してみるのが一番です。プロのインテリアコーディネーターなら、クリニックの依頼に応じて、適したインテリアコーディネートも叶えてくれます。依頼する際には、どんなクリニックかのイメージを伝えることが大切です。

こども専門病院のインテリアの工夫

こどもをおもに専門に診る病院にとって、インテリアを含めたイメージはとても重要です。こども向けのインテリアコーディネートには、特にどんな工夫が必要なのでしょうか。まず、ほとんどのこどもにとって病院はできれば行きたくない、こわいイメージであることがほとんどです。そんなこわいというイメージを取り除くために、また来たくなるような、楽しいインテリアコーディネートが必要になってきます。
ピンクや黄色などの明るく優しいカラーを基調として、壁には楽しそうなイラストを描いたり、シールを貼ってデコレーションするのも有効です。この作業はイメージを作る鍵になるので、プロに依頼するのがいいでしょう。また、待合室にキッズスペースを作ることができたら最高です。
キッズスペースに、こどもの好きなおもちゃや絵本を置いて、待ち時間も楽しく過ごせるように工夫しましょう。あくまで病院なので、診療の妨げにならない場所にキッズスペースを作ることが重要です。
キッズスペースの設置も含めて、専門のインテリアコーディネーターに依頼をするとスムーズです。こどもが楽しめる病院にしたいという風に、インテリアコーディネートを依頼してみましょう。


憧れのマイホームを彩りたい、せっかくなら専門のコーディネーターにお願いしたい、そんな時は「あなたらしい」を追求するインテリアコーディネートを東京で利用するなら『スピカ』がおすすめです、専門のコーディネーターが丁寧に対応します!

おすすめ記事

  • エステサロンの優雅にみせるインテリア

    最近、日常的にエステサロンに通う女性はとても多いです。もはや脱毛やネイルはサロンで行うことが当たり前に、高校生にまで浸透しています。そ…

  • カフェのインテリアの重要性について

    カフェとしてお客様に提供するものの中で、居心地が良い空間、という条件はとても重要です。たくさんのカフェが存在する中、商売繁盛を目指すに…

  • オフィスのインテリアを効果的に使おう

    オフィスや工場などの従業員が働く場所においても、インテリアコーディネートは重要です。このような場所は外部の人間や顧客の目に触れる場所で…

  • 素敵で印象的なインテリアを取り入れてる

    自分のお店を持つという事はいろいろと夢が広がります。自分の好きな事、やりたい事がそのお店に凝縮されているわけですから、自分自信の反映と…

更新記事リスト